南大阪でリフォームを検討している人はまず業者の選定です

SITEMAP

暗い部屋

リフォーム市場の活性化

リフォーム市場がどんどん活性化しています。新築に関してはどうしても少子高齢化、団塊世代のリタイヤもあって需要が増えなくなる状況です。さらに日本全体の所得が増えない状況にあっては新築よりもリフォーム、リノベーションを行った住まいに注目が集まるのは当然です。
実際に住宅メーカーも新築の需要を増やすことよりもリフォーム、リノベーションの需要をいかに刈り取っていくかという方向に注力しています。
わかりやすい証拠として、新築の住宅展示場をどんどん増やすことよりも、リフォーム、リノベーションを提案するスペースをどんどん増やしていく傾向になっています。実際にお客様も訪問するのは中長期的に投資を検討したうえでリフォームを目指すことが増えていることはいうまでもありません。
また、日本には勤労、観光でどんどん海外からの訪問が増えつつあります。都心、市街地問わず、有効に住宅を活用して対応するためにリフォームをかけていくことが大きなポイントになりつつあります。もちろん、新築で準備していくよりもこちらのほうが政府としても投資が低くて済み、効率的です。
まだまだ、こうした需要が高まる中、リフォーム市場は増えていくことになると想定されます。

PICK UP

TOP